得意分野を活かす~介護福祉士の求人情報を選ぶ際のポイント~

求人を選ぶ前にチェック!男女で異なる介護福祉士として役立つ才能

介護福祉士の平均年齢

介護福祉士は平均年齢は20~30代で、定年まで働く人もいますが、通常50代ぐらいからは腰痛など職業病から仕事を辞めたり、力が必要ではない別の介護の職種に転職することが多いです。

女性介護福祉士と男性介護福祉士の違い

女性は普段から行っていること活かせることが多い

普段から家事や育児などを行う機会が多い女性は、身体サポートだけでなく調理や掃除などのサポートも得意な人が多いです。また女性はお話好きな人が多いため、会話を楽しんでもらえる機会が多いです。

男性ならではの得意分野を活かす

男性は女性よりも体力があり、利用者の移動や入浴・排泄サポートを得意としてる人が多いです。男性は女性よりも現実的に物を捉えたり、計画を進めることが得意なためチームリーダーとして管理する側に向いています。

得意分野を活かす~介護福祉士の求人情報を選ぶ際のポイント~

ハンド

介護福祉士の仕事から得られるやりがい

介護が必要な方は、みな同じものを求めている訳ではありません。日常生活をより過ごしやすくしてもらうために、ひとりひとりに合う介護を介護福祉士が持つ技術と知識を活用していきます。自分が持ち合わせるスキルをフル活用することができる仕事です。

介護福祉士の仕事内容

介護福祉士は介護の専門家として、介護が必要な高齢者や身体が不自由な方へサポートする仕事を行うだけでなく、介護者が少しでも自立して生活していくためのアドバイスを行っています。さらに、持っている知識と技術を活用して介護者家族の負担を減らすアドバイスも行っています。

介護福祉士の給料

介護福祉士は求人も多く需要が高いため、不景気になっても安定した収入を得ることができますが、ハードな職種ながら一般的に給与は高くありません。介護福祉士は資格を所有していると上乗せされる可能性が高いですが、給与は20万円前後です。ただし、事業所や施設によっても給与や年収は大きく異なり、管理職になると年収500万円以上の職場もあります。

介護の仕事で大変な事

一番のネックとなる給与面

やりがいのある仕事ですが、業務はハードの割には給与が安く贅沢することなく生活するだけで精一杯で、家族を養うために転職や副業をする人も少なくありません。

勤務時間や休日がシフト制

働く職場での多くが24時間体制をとっていることが多く、早番や日勤、夜勤といったシフト制がとられていることが多いです。休日出勤が少なくなく、日曜日や祝日だけでなくゴールデンウィークや年末年始でも出勤となります。

未経験の後輩が入ると先輩として大変

ある程度経験を積むと後輩が入ってきます。介護の仕事は未経験からでもスタートすることができますが、後輩が介護未経験の場合には大変です。後輩が成長するまで、教え込む先輩の方が怒られることも少なくありません。

ときには利用者に理不尽に怒られることも

介護を受ける方の中には、身体が急に不自由になってしまったことの戸惑いから、怒鳴ってくる人も少なくありません。また介護にお金を支払っているといことからも介護士にどんなことをしても問題ないと誤解している人も時々います。

広告募集中